FUNDA(ファンダ)の理念

ファンダは、「FUN(楽しい)」という気持ちを一番大切にしたい、という思いから名づけました。

「FUNだ!」 という感じです(笑)。

「楽しい」と思えるものを見つけます

FUNDAでは、子どもたちが「楽しい!」と思えるものを見つけていきます。

それは、ゲームでもYoutubeでもスポーツでも、なんでも構いません。

「やば。これめちゃ楽しいやん」
「楽しすぎる」
「めちゃおもろいから次もやりたいねん!」

実際にFUNDAでもこういった言葉がよく出てきていますが、この時こそが、スキルアップのチャンスですよね。
ようやくスタートラインへの到達です。

このスタートラインにさえ立てると、子どもたちは勝手にいろいろなことを吸収し、伸ばしていきます。

スキルを磨くのは、そこからで十分です。

中高生が集まるFUNDAでの私たちの仕事は、まずはそのスタートラインを作ることだと思っています。

(でも、ここまでもっていくのが一番難しい。私たち職員が、最も時間をかけ、試行錯誤するところです。)

自己理解・他者理解ができる社会を作る

FUNDAでは、自己理解・他者理解に力を入れています。中高生という年代において、それはとても大切なことだと考えます。

  • 自分が得意なこと、苦手なことを知り、相手のことも理解する。
  • ありのままの自分を受け入れる。
  • できないことをお互いに受け入れ、どうすべきかを考える。

こういった環境をまずはFUNDAで確立し、ゆくゆくはそれを社会全体に広げていくのが目標です。

これからの世の中をみすえた支援をしていきます

2022年度から、高校でも資産運用などのお金の教育が始まります。

学校教育もこれからは大きく変わってくるでしょう。AIが各業界に広まる中、それは自然な流れですよね。

となると、「与えられた仕事をこなせたらいい」だけではうまくいかなくなる。

AIに取って代わられない、「あの人だからできる」「あの人だから任せたい」という「強み」が必ず必要になってきます。

たとえ10年先のことであっても、今から準備しておくにこしたことはありません。

だからこそ、「好きなこと」を見つけ、その好きなことでとことんスキルを伸ばしてほしいのです。

それはゲームであっても大丈夫。きっとそこから広がる何かが見つかります!